蔵書のホコリ

今月は買取希望が重なり見積などで忙しくしています。ご送付いただいた本をペラペラ見ていると
つい読み入ってしまう本もあります。また戦前の本でも美本に出会うととてもうれしくなってしまいます。でもなによりきれいに手入れされた本が届くと、送り手の本への愛情が感じられとてもうれしいものです。

逆にちょっと、と思うのは「ホコリ」。実は本の天、上の部分はとてもホコリがたまりやすいところです。
ご送付いただきますと、私はまず天のホコリを確認します。
ご存知ないのでしょうが永年本棚に入れたままだと「天」に綿ボコリがしっかり溜まっています。
なかなかそこまでは掃除の手がはいらないのでしょう。
大事な本ですから時々手にとりハタキなどでホコリを落とされると良いと思います。
愛書家のかたはぜひご確認ください。

ということで、またこのコーナーでご送付いただいた古本の「これは」というものをご紹介できればと
思います。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: