FC2ブログ

黒部峡谷 山暮らし エッちゃんの日々


下の廊下を歩くと阿曽原温泉の手前でダムの寮のような建物があり、お風呂が丸見えだったことや、こんなところで働いてみたいと思ったことを読みながら思い出したが、まさに黒部峡谷で賄い婦で過ごした日々のエッセイ。
山登りとか、アウトドアとか好きで峡谷山深くにやって来たというガチガチではなく、憧れるていたらうまくタイミングが合った、といった軽いキッカケみたいだ。
やさしいタッチの本文は、情景が思い浮かできたら少し目を瞑り、またしばらくして本文に戻ることができる。なにやら黒部の雪の深々と降るひと部屋にいるような、あたたかさがある。
黒部峡谷 山暮らし エッちゃんの日々
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: