FC2ブログ

京都山歩き一周トレイル

1997年初版というからには、もう20年ほど前の本。京都市を取り巻くトレール(トレイル)が、もともとあった山道をそう呼ぶようになって整備されはじめたころのものだ。写真もまだまだひなびた良きころの京都市の田舎の風情が残っているような気がする。

東山・北山・西山、とサブタイトルにあるが京都市の南には山がないので淀から伏見のいわゆる東海道筋を紹介している。今でいう「京街道」というもの。山科の追分から大阪の高麗橋までの4宿を東海道五十三次とは分けて今ではそう呼んでいてウォーカーやサイクルニストを誘致しているが、この本はすでに先見の明があったのだろう。

京都市内は今やいつの季節も観光客がいっぱいなので、このような本を片手に少し人里はなれたところを訪ねるのはいかが?

関連記事

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: