全集の端本はいかが?

「全集」というとなんだか応接間の本棚のいドッかと鎮座しなかなか開帳されることが少ない、というイメージがあるのですが、みなさんいかがでしょうか?重くて嵩張るしブックオフも引き取ってくれない、百科事典のような存在なのかもしれません。

でも、それが端本なら、一冊から読みたい本だけ選べるならいかがでしょう?

全冊揃ならそれなりのお値段と前述のネガティブなイメージですが、各冊は単行本三冊分くらいが収まっています。あかね書房さんも近しい人たちを収めてくれているようで。そして古本なら初版や改訂版や復刻本よりかなりお安くゲットできます。500円くらいからでしょうか。山岳古書活字中毒のかたなら一考に値するのでは(笑)。

読了後はの端本は当店で買い取りいたします!
全集揃本となると、持ち込みも販売も大変、という勝手な思い込みがあったのですが、読者からすれば収集にこだわらなければ端本でよいからお安く読めればこれ幸い、ではないかと。

ぜひ全集端本を見に来てくださいね

全集

山の古本屋 軟弱古書店

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: