戸隠高原で盛り上がる

開店前に架電。取れなかったのだがまたベルが鳴った。
「今日は営業されてますか?」と女性の声。

で、まもなくご来店。お嬢様ご夫妻がネットで当店を見つけられて、横浜から京都に里帰りされたお母さまにぜひ行くように、と言われました、とお越しいただきました。ご実家は近くのお寿司屋さんとのこと。(今度行ってみよう)

お母さま、毎年戸隠高原に行かれてるそうで、いや私もこの9月に高妻山あたりへ、なんて話ているといろいろ戸隠の行きつけのお店をご教示いただいた。よくご存知ですね、と水をむけると、ご主人と出会ったのが戸隠だったそうで。やっぱりな。

お嬢様夫妻も山がお好きなようで、ぜひ今度来させますよ、などとお話ししていたらそのお嬢様のご主人から電話が。話されているお母さまのスマホの横から、ぜひお越しください、美味しい伏見のお酒も飲めますよ、と宣伝しておいた。

今年の戸隠もクマが多いそうだが、ぜひ出かけてみることにするかな。

ちなみにご教示いただいた戸隠行きつけ情報は、

山旅の宿 樅の木山荘 と  戸隠 ヒマラヤの詩 「Togakushi Himalayanouta」

山の帰りに寄ってみよう。

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: