FC2ブログ

本の居場所展(2/23から28)、ラインナップその①です。

「本の居場所展」にお披露目する本たちです。なんだかみんなどっちを向いてるのか、ちょっと心配だな(笑)。ちょっぴりご案内いたしましょう。

新田次郎
「槍ヶ岳開山」は歴史小説家としての新田次郎、面目躍如です。「孤高の人」は「単独行」と合わせて読むとなおおもしろいでしょう。「アルプスの谷・アルプスの村」ではどんな感性でヨーロッパの山々を見たのでしょうか。

森村誠一
元は山好きのホテルマン、推理小説「密閉山脈」ではどのように舞台となった山々を描いているのでしょうか。

森詠
「夏の旅人」山で培った友情の絆が時代に翻弄される歴史大河ロマンです。

この本たちの中に素敵な登山口があなたを待っています!


201602-1

関連記事

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: