FC2ブログ

伊藤正一写真集 源流の記憶 「黒部の山賊」と開拓時代 山と渓谷社

源流の記憶か。ご存知、「黒部の山賊」の著者伊藤正一の写真集。

源流の記憶 「黒部の山賊」と開拓時代

それにしても、この表紙を見ただけで木道を踏み外さないかとゾクッと震えがくる。下廊下を歩いたことはあるが、一般道だけど阿曽原から上流は9月になって雪がなくならないと歩けない。だからやはり秘境だな。そんな山深き奥にトンネルを堀り軌道を通してダムを作り開発する我々日本人、又は人間はなんと逞しい動物だろうかと思ってしまう。

来年あたりまた歩いてみようかと、、、いや待てよ、阿曽原の小屋は今月の10日くらいまで開けてるはずだから、これから飛び出して行っても大丈夫だ。紅葉と素敵な温泉と水の音を聞きながら、黒部の山奥で夜を過ごす、なんて思わせる一冊だね。

伊藤正一写真集 源流の記憶「黒部の山賊」と開拓時代
思わず手にとってみたい一冊(新刊)の書棚

関連記事

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: