思わず手にとってみたい一冊 「世界で一番美しい山岳鉄道」

本を整理していてこんな本に出くわすと、思わず読み込んでしまう。
登るのも好きだが見るのも好きだし、まして鉄ちゃんとくればしょうがない。

でも乗るのではなく、表紙のような場所で寝そべりながら、左から来る列車、右から来る列車、立ち昇っては消える雲、青空を飽きもせずに見てるのが一番いい感じだ。

世界で一番美しい山岳鉄道

「世界で一番美しい山岳鉄道」
思わず手にとってみたい一冊 の棚

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: