思わず手にとってみたい一冊 星空の楽しみ方 高橋 典嗣 洋泉社MOOK

今日このごろのこの暑さはなんだろう?
「今年は暑いね」とか挨拶代りにこんな言葉を発するが、実は去年も同じような挨拶をたぶん交わしていたんだろう。

そんなわけで、星座というと冬の空が定番だけど、この本は「星空の楽しみ方」ということで、
多少暑さをしのげる夏の夜、星空を眺めてみよう。

星空の楽しみ方

星座の数は88座といわれるけれど、それは国際天文学連合というところが決めた数なのだが、
大昔から世の東西を問わずいろいろな地域でいろんな人たちが星空を眺めて、あれは「○○座」と星座を作っていたようだ。
そんな星座の多様性をおしえてくれるのが、Astro Ninja Projects アイヌの星座や神話を教えてくれる。

この夏、星座の奥深さもちょっぴり頭の隅に置きながら星空を眺めるのも楽しそうです。
星空の楽しみ方 購入詳細はこちら

関連記事

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: