季刊 のぼろ vol.8 九州発の山の雑誌、全国誌にない魅力を感じる

季刊「のぼろ」。こんな雑誌があったんだ。西日本新聞というから九州の大手なのだろう。
vol.8は脊振山系の特集のようだ。脊振山?って、あまりよくわからないが、
福岡と佐賀の県境にある山らしい。
こんな地方区の山をこつこつ発信する地方誌は思わず買ってしまいたくなるな。

季刊 のぼろ vol.8季刊 のぼろ vol.8
(2015/03/20)
西日本新聞社

商品詳細を見る


この脊振山は、福岡に近いのだろうし、ビジネスマンなら出張のおりに登れるだろう。
出張は金曜日最終にコントロールして、翌土曜日に登山、なんてどうだろう?
ビジネススーツと登山道具は宅配便を活用する。一泊宿泊と宅配の費用は少しかかるが、
福岡への交通費は会社持ちだから、ただし会社には内緒のほうがいいだろう(^O^)

時間に余裕のある向きには、ぜひフェリーを活用しよう。
たとえば大阪からだと夕方出港。船内の大浴場で汗を流したあとは、バイキングレストラン
で乾杯。そのうち神戸に寄港。船内から夜景を楽しみつつ明石大橋の下を航行するころには、
すっかりお眠りモード。翌日からの九州の山行を夢見つつ寝入ることができる。

まあこんなことを夢想させてくれる楽しい雑誌だ。
創刊号は残念ながら売り切れのようだが、vol.2からは在庫有。
ぜひ九州遠征のおりには活用したい!!

季刊 のぼろ 詳しくはこちらをクリック

関連記事

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: