北陸新幹線沿線百名山 タイムリーだね。商魂たくましい。

妙高戸隠から立山、白山あたりまでカバーしているようだ。
関東の山好きにはとても便利になるんだろう。

ただ始発で旅立ってもその日のうちにたどり着けるのは、
例えば立山の場合、お昼に室堂に着いて一の越あたりまでか?
到着時刻と天気次第では雄山往復もできなくはない。

その点帰りは便利になる。
夕方5時の室堂から美女平への最終バスに乗れば、余裕で東京に帰れる。
下山日を目一杯山で過ごすことができそうだ。

以前、太郎平で、ブルトレ「北陸」で来ました、という人に会った。
その日は確か黒部五郎小屋で泊り、翌日新穂高に下山、帰京すると言っていた。
かなり健脚な人だと思ったが、勤労者ならせいぜい二日の休みがとれれば御の字だろう。

と考えると、JRの自由席夜行が山屋にとっては便利な御用達列車だったのだ。
青春18キップの有効期間にあわせて走らせてくれないかな?

北陸新幹線沿線百名山北陸新幹線沿線百名山
(2015/03/13)
栗田貞多男、市川董一郎 他

商品詳細を見る

思わず手にとってみたい一冊(山の新刊)

関連記事

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: