世界山岳百科辞典 ペラペラとぺーじを繰ってみる 「あ行」

年末、そんなにヒマでもないのだが、ペラペラと世界山岳百科事典のページを気の向くままに。

荒島岳の項があった。福井県大野盆地の秀峰と紹介されてるが、百名山とは書かれていない。
と思いきや石槌山も百名山には触れていないし、発刊時、まだブームでなかったのかな。

遺稿集、登山文学のひとつのジャンルか。板倉勝宣、辻村伊助、加藤文太郎、松濤明の名前が出てきた。

今井喜美子、女性登山の先覚者、登山家今井雄二夫人とある。でご主人お今井雄二の項が見当たらない。そういえば、なかなか買い手のつかない心に山ありて 正続二冊揃があったな。

今田重太郎、今西錦司と続いて、おお「岩と雪」。高級山岳雑誌とある。七号で一時休刊か。
ウィリアム・テル序曲、美しいスイスの湖の朝の情景を四つの部分に分けてあるそうな。
魚津岳友会。地方の山岳会が載ってる。佐伯邦夫らが中心になり発足。会報「ZINNE」。

海別岳。知床半島にある火山。冬期に流氷群を展望しながらのスキー登山は快適、だそうな。
埋込みボルト、滑落防止、確保の支点といった消極的な使用にとどまらず、手がかり、アブミの支点など積極的に利用することに当初は批判があったのか。アイゼンが「鬼の爪」として排斥されたのと同じことが起こったらしい。

エーデルワイス、ウスユキソウだね。エーデルワイスの歌、法政大学山岳部の部歌か。
映画サウンドオブミュージックの一曲かと思ったよ。
エンド結び。ウォール結び、クラウン結びが代表的だと。これはちょっと調べておこう。

御池岳。11月に行ってきた。鈴鹿山脈中、最も未開でマムシ、ヒルが多い、とのこと。
11月が正解だったな。
往復登山、最も単純で安全度の高い登山方法か。極地法の原型でもあるのか。
大井川基幹線林道。二軒茶屋から西俣道はいずれ三伏峠から伊那谷に抜ける予定?
いまだ繋がっていないよね。

とまあ早足で「あ」行を早足で「世界山岳百科辞典」を斜め読み。(一部引用しています。)
知らないことが多いけど飽きないね。

世界登山百科事典

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: