FC2ブログ

日高

立松和平の「日高」
先日お買い求めのお客様より、受領のメールとメッセージを
いただいた。
北海道の旅先で日高で6人の遭難者のことを聞き
捜していた、とのこと。

私はこのメッセージを見て、はじめて「日高」のバックボーンを
知った次第。署名や表紙が「山」に関するものであっても、必ずしも
山の小説やエッセイとは限らない。といってすべての本を
読むわけにもいかず、ページをめくり欠落やシミ、書込みをチェック
しながら内容もサラっと確認するだけだ。

まあ、このようにして、ありがたくお客様に教えていただくことも
多々あります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: