思わず手にとってみたい一冊 「芙蓉の人 新田次郎」

最近新田次郎に耽っているが、山にまつわる実話をうまくフィクションに仕立てているな、という感じ。
創作の山岳推理小説や恋愛小説は無理な設定が多くありえない登攀シーンが出てきたりして読む気が失せてしまう。
その点、新田次郎の山岳小説は富士山観測所の勤務と登山経験が豊富なのか、安心して読める。
この「芙蓉の人」は夫婦愛がベースかな。こんどNHKでもドラマ化されるようだし、舞台は富士山だからね。
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/185778.html

芙蓉の人芙蓉の人
(2014/06/13)
新田次郎

商品詳細を見る


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: