古本アップ情報 「四季の旅宿」 岡部一彦 岳書房

「四季の旅宿」ページはこちらからどうぞ

四季の旅宿

写真は一瞬だけど、絵はエンピツ一本で描くにしても30分くらいかかるんじゃないかな。
とすれば、その間の雲のながれや風の向き、陽射しの強弱など体感できるわけだ。
問題は絵の素養があるかどうかと時間があるかどうか。素養は致し方ないが、
時間があるといのはうらやましい限り。もしかしたら山遊びの一番の贅沢は絵を書く事かもしれんな。

山の古本屋軟弱古書店トップページはこちらからどうぞ

関連記事

テーマ : 古本新規商品紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: