古本アップ情報 「剣岳をどう登るか」 佐伯邦夫 北国出版社

「剣岳をどう登るか」詳細はこちら

剣岳をどう登るか

剣岳を通して「山をどう登るか」という著者の思いが語られているようだ。魚津の人でもあり、
後立山には無くなった本来の山に登る喜びが残っている毛勝山からの剣への思いも強いみたいだ。
登山人気で合宿地化した三ノ窓についても苦言を呈している。40年近く前の出版だが新鮮だ。

山の古本屋 軟弱古書店へは こちら

関連記事

テーマ : 古本新規商品紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: