古本アップ情報 「山を考える」 本多勝一 実業之日本社

「山を考える」詳細はこちら

山を考える

書名は「山を考える」だが、そんな内容は最初の「パイオニア・ワークとは何か」にあるが、
これはどちらかというと「探検を考える」ほうだし。著者の山に関する著述を集めたもの、といった感じ。

山の古本屋 軟弱古書店 はコチラ


関連記事

テーマ : 古本新規商品紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: