せどり

以前当店で購入いただいた方から本を探してほしいと依頼があった。どうやらこのお客様、パソコンはされないようで、前回も代理のかたが申し込まれていた。

で、1冊は当店に在庫があったが、あとの13冊はネットでお探しすることとなった。結果11冊が見つかり無事お客様にお届けすることができた。昨今「セドラー」といった人がブックオフで仕入れた本を転売しているが(まあ私も時々仕入れてます。笑)探している人と売りたい人の橋渡しの仕事が「せどり」というなら、今回はまさしくそれであった。

なによりご本人に喜んでいただけたのがうれしい。ただ、ご自身が探し求められた探求書ではあるが、文庫本で800円もするものから単行本で1円というものまであり、その点でも少し驚かれたみたいだ。

また、時々お客様で、パソコンはやらない、という方がいらっしゃる。どうやらパソコンがわからないのではなく、パソコンにはまると好きな読書ができなくなる、という理由を聞いたこともある。まさしく仰る通りで私も同感。

まあこういう仕事は本屋としてもうれしい仕事であった。
関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: