本の撮影

ネットでやってると写真は必須ですね。
でも写真はむずかしい。
山の写真もむずかしいですが、静物の撮影は見よう見まねです。
リアルな店舗ならじっくり手に取って見ることができるのですが、
ネットの場合は写真のみ。ヨゴレやキズなども見ていただければよいのですが。

最近はiphoneを使っています。
添付の写真のセットは、背もたれのない椅子の上に、コーナンで買った白い板二枚を
天井から床まで突っ張らせたツッパリ棒に椅子を近づけて立て懸けるようにL字に。
そのツッパリ棒と照明器具もコーナンで調達。
手前の蛇のようなアームは両端に大きなハサミが付いて、
片方はイスを、もう片方は照明器具を挟みます。ヨドバシカメラで見つけました。
本が倒れないように100均のブックエンドで、はみ出る部分は白い紙で隠しています。
で、できるだけ影が出ないように、オリジナルな色合い、風合いが出るように試しています。

本の撮影


シャッターを切ればそのあとまだまだ手順があります。
PCへの取り込み、サイズの調整、保存、HPへのデータ入力、アップロード、ブログなどへの共有、
メルマガ原稿へのコピーといった具合。リアル店舗ならこの手順が全部省けるので「いいな」と
思うのですが、、なんとか時間短縮できないかな?

と、思いつつ、一冊一冊Webの海に「行って来い」と送り出しています。



関連記事

テーマ : 日々、想うこと
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: