思わず手にとってみたい一冊 「山に入る日」 細田 弘 白山書房

山に入る日

山に入る日

副題は「山野彷徨から瞑想的登山へ」とある。まだまだ私の場合、汗だくでお酒もちょっぴり俗世的な
山登りだが、ガンガンピークハントする山登りからゆっくり時間をかけて歩く山登りに年齢とともに
推移する、そんな山のこのなのか。

思わず手にとってみたい一冊

関連記事

テーマ : 気になる本・雑誌
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: