大阪天満宮

大阪は天満宮境内での古本市。とても寒いなか開催されている。
で、目ぼしい本は岡村昭彦の「南ヴェトナム戦争従軍記」「続」。ロバートキャパの日本版。戦争フォトの日本の古典かな。山や渓流、自然の本も多くでていたが、触手が動いたのは上記の本くらい。境内は梅祭りも開催中でうどんや甘味、エビスビールなどもあり寒いながらに楽しかった。天神橋通りの散策も○。確か16日まで。平日がおすすめかな。
関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: