山と文学

本を扱ってはいるが、あまり文学とかには関心はない。
山を歩いていてもそこで詩を作ったりなにか散文などを
書きとめるとうことはないな。
でもそれはしていないだけのことかもしれない。
次に山にいくときは、一つ詩でもかいてみよう。

山と文学
山と文学 未

山の古本屋軟弱古書店

関連記事
Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: