FC2ブログ

東アルプスの山 詳細ルートガイド

東アルプス?とあるのを見てヨーロッパ?何処だ?と思わず手にとったわけだが、なんのことはない、奥秩父だった。
出版社の造語かと思ったが検索すると「東アルプス」という呼び名も存在するようだ。

東アルプス楽集国なんてものもあるようで、造語とは言えないと思いながら検索を続けると日本にはご当地アルプスがいっぱいあるみたい。確かに地元にも湖南アルプス、比良アルプス、などの呼称もある。

当店の本棚にも「武蔵アルプス」という一冊があった。昭和8年第一刷で太平洋戦争開戦の昭和16年に二刷が発刊されている。
武蔵というと武蔵野という丘陵をイメージするが内容は丹沢、高尾山、三峰、大菩薩など関東平野西部の山域をカバーしているが、
今時「ちょっと武蔵アルプスの山に行ってくるね」なんて言わないと思うのだが。

北、南、中央の各アルプスはこの呼び名で認知されているが、奥秩父はやはり奥秩父、アルプスには出せない「味」をこの日本語の呼称は醸し出しているように感じる。

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: