穂高の岩場 岩稜会 朋文堂

穂高の岩登りのルート解説書。写真が豊富で点線でルートが描かれておりわかりやすい。現代にこんな岩登りの本はあるのかしら、と思う。

ところで、

岩稜会、と聞いて井上靖の「氷壁」を思い起こせる人は、かなりの「山通」だろうと思う。この岩稜会が起こした事故が「氷壁」のモデルになったからだ。

大半がモノクロの写真でゴツゴツした穂高の岩肌がなおいっそう黒々と写し出され、一般ルートでも息を抜けない厳しさを思い出させてくれる。それは穂高が美しければ美しいほどより一層厳しいものに感じられる。

穂高の岩場

穂高の岩場

テーマ : 古本新規商品紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 穂高

メルマガ発行しました

メルマガ発行しました。一か月の御無沙汰です。今回は少し情報量が少ないかな?ということは、本屋さんは9月は少しサボリ気味とも言えます。メルマガを月1回発行するのは、まあ一か月の総括みたいなもので、懲りずに続けています(笑)

今日は朝から雨。確か2日あたりもこんな本降りの一日ではなかったかな?
六輝に例えると先負の雨降りならいいんだけど、そうお昼過ぎから青空が見えてくるような。山で降られたわけではないからまあいいか(^^♪


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: