山と渓谷16号「台湾の山岳」

山と渓谷、戦前の号の中に「台湾の山岳」を特集する16号が出てきた。初期の山渓は毎号特集があるわけではなく、時々特集が組まれていたようで、わざわざ「台湾の山岳」を特集するのは、日清戦争の結果として台湾を割譲されたとはいえ、外地の山など内地の登山家にはあまり知られてなかったのかもしれない。

山渓16

頁を開くと、3500mを超える山は44、3000m以上なら225座になり、内地よりスケールは大きく、内地が優美なのにくらべ、コントラストがはっきりしているのだそうだ。ただこんな絶好のフィールドを有する台湾の登山の発展を妨げた大きな一因に、南国の天候とともに、「蕃人」、原住民族(高砂族)のことを挙げている。つまり原住民族に妨害を受けるのでなかなか高山深山に入り込めない、というのだ。

自分たちの古来からの住みかの闖入者に対する抵抗、防御なのだが、その軋轢から霧社事件(昭和5年)も起った。しかし徐々に台湾社会に同化され、太平洋戦争末期には「高砂義勇隊」として貢献するようになる。ちなみにその時の戦後補償は今だ進んでいない。

ちなみにこの16号は昭和7年11月の発行、日本の統治政府が「蕃」を高砂族と改称したのは昭和10年のこと。霧社事件から5年で高砂族となり、その後高砂義勇隊へと進む過程はどんなものだったのかな。

と、台湾の山岳をから話が大きくそれたけど、こんなバックボーンを知ってるといいかも。

軟弱古書店 山と渓谷の棚


テーマ : 古本新規商品紹介
ジャンル : 本・雑誌

メルマガ発行しました

メルマガ発行しました
まぐまぐからの発行です
登山やアウトドア、渓流釣り専門の古本屋「軟弱古書店」店長の山日記。山の行けない休日や雨の日は水割りでも舐めながら山の古書にひたりませんか?新着古書情報もぜひご覧ください。

秋が近づいてきてるような、朝夕はそんな気分になりますが、昼間はまだまだ暑い。
ビールとともに立山高原ソフトが78円税別で売ってるのがまだまだ気になってます(笑)

マスター

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ボヴリル 美味滋強肉汁

最近は「山と渓谷」の古い号をHPにアップする作業をコツコツはじめました。
中味をついつい読んでしまいなかなかはかどらないのですが、
ちょっとおもしろい広告を見つけました。

ボヴリル

ボヴリル という何か飲み物のような品物。キャッチは「一杯のボヴリルは疲労を癒し元気百倍す!」また「厳選成牛の純成分を濃縮した肉汁エキス」とも。ご覧のように山スキーで効果があるのでしょうか?液体なのか粉末なのか、甘いのか塩味なのか何もわかりませんが、どうやらお湯に溶かして飲むようです。

ちなみに検索してみると、イギリスのヘンテコな食べ物・飲み物 というサイトを発見! こちらのブログによると、イギリスの飲み物?のようで、今だに商品として存在しているみたいです!が、やはり少し変わっているようで。ちなみに写真の「山と渓谷」はNo47号の裏表紙、昭和十三年元旦の発行のものです。

ということは約80年前からこの奇妙な食べ物は存在していたようです。今年の冬山で一度試してみましょうか(笑)

軟弱古書店 山と渓谷 の棚

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

写真集日本アルプス 岳人編集部編 東京新聞出版局 昭和49年

山好きでカメラを持ち歩く人なら思わず買ってしまいそうな写真集。
精鋭山岳カメラマン8人(水越武、内田良平、新妻喜永、木村哲男、山下喜一郎、田中康雄、水谷章人、白籏史郎)の写真とコメントで構成されている。

写真集日本アルプス

雑誌「岳人」に連載されたものをまとめたものだが、8人のカメラマンによる8冊の写真集の「ええとこどり」といった感もあるが、カメラマン各氏の個性・感性を比べることができるし、鉄道写真のお立ち台ではないが、山の絶景撮影ポイントがわかるかもしれない。それぞれの表現の違いを感じられれば、あなたもそこそこの腕のカメラマニアかも。

そして、「山の履歴書」と題して山崎安治氏の解説がまたコンパクトながら興味をそそる。
一つの尾根、山、峰について、初登攀はいつで、こんな遭難があり、この歴史の記録はあまり知られていない等々

なんだか日本アルプスの概要がすべて網羅された一冊
昭和49年(1974年)だから、デジタルにはないアナログな手触りもいい。

写真集日本アルプス

テーマ : 古本新規商品紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 岳人

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: