思わず手にとってみたい一冊「新釈日本百名山 樋口一郎 東京新聞出版局」

新釈日本百名山新釈日本百名山
(2014/05/16)
樋口 一郎 著

商品詳細を見る

山名の考察があるのは面白そうだな。

ゴールデンウィーク ちょっと立ち寄ってみた「手摘みの七色市」

新緑薫る季節になってきた。昼間は半そででもいいぐらい。
そんなわけでゴールデンウィークをはさんでいろいろ古本市が開催されたようだ。
古書組合主催のものが大手を振るが、ちょっとかわいらしかった市がこれ。「手摘みの七色市」

本の数も少なくシンプルな会場。手にとってほしい本だけを置いてる感じがよかった。
また木の箱や板をうまく使って、クリーンな感じもよかったな。
なにより本がきれい。古本のヤケやシミがまったくない。
最近の若い人たちの本屋さん(新刊、古本)はこんなこざっぱりした雰囲気だが、
ジャンルが少し先鋭化?しすぎておじさんにはちょっとついて行けない場合も(涙)
でも新しい世界を知るよい機会なのでろう。

陰ながらガンバレと思う、素敵な古本市だった。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: