スイス山案内人の手帳より  

著者はある日、スイスの山案内人の古い手帳に、大正・昭和に活躍した
日本の登山家の手記を発見した。
著名な登山家の若き日々の新鮮なその手記に感動した労作だと思う。
ちなみに、主だったとことでは槇有恒、松方三郎、藤木九三、小島三郎、浦松佐美太郎、
また秩父宮殿下のものも。ヨーロッパアルプスに遊んだ若き日の彼らに
触れてみるのも一興かもしれません。



スイス山案内人の手帳より  未

家族で登山をはじめませんか?

子供にとっては登山でもスキーでも最初が肝心。天気がよくて感動できれば
その後も続けられるとおもうのだが。この本は少し教育的な要素も入れて
の家族登山のすすめ、のようです。

家族で登山をはじめませんか?
家族で登山をはじめませんか? 未

手にとってみたい本一覧

K2登頂幸運と友情の山

学校の先生から一転K2を目指した物語。
「白木氷河の果てに」という映画にもなったそうな。
この遠征には森田勝や重広恒夫といった面々もいる。

K2登頂幸運と友情の山

K2登頂幸運と友情の山

山の古本屋軟弱古書店

岳人備忘録

著名な岳人のことが書かれたいるらしい。
私は本と読んでもすぐに忘れるタイプで、
まして、年とともに物忘れが多くなる。
古本など扱っている手前、この手の本は重宝する。

岳人備忘録

岳人備忘録 未

手にとってみたい本一覧

百年前の山を旅する

百年前の装備といでたちで山を歩くという「サバイバル登山」の本、かな。
さしずめ大学の探検部やワンダーフォーゲル部などがしそうな分野。
確かに「ザラ峠」など伝説のあるルートなど地図をたよりに辿るのは興味あるが、
装備は現代のものでないといやだな。でも炬燵に入ってゆっくり読んでみたい一冊

百年前の山を旅する

百年前の山を旅する

手にとってみたい本一覧
Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: