日本北アルプス登山案内

最近仕入で気に入った本がこれです。

「日本北アルプス登山案内」。冠松次郎著で昭和十四年新装版。価格は一円。
なんと外地価格は満洲・樺太あたりでは一円十銭です。開戦前夜にもこんな本が
出版されていたのですね。

日本北アルプス登山案内

なんともこカバーのデッサンがうれしいです。サイズは現在の文庫本よりひと回り小さいのでとても
オシャレな感じです。どこかのバーでウイスキーのロックグラスの横などに何気なくおいてある
なんていいですね。装丁は足立源一郎という方のようです。

戦前の本で使用感もあり、登頂した山でしょうか。○の書き込みもありますが、目立ったキズもなく
見開きには地図も残っています。

しばらくはこの本で秋の夜長すごせそうです。販売の棚にはいるのはまだまだ先になりそうです。

テーマ : 古本新規商品紹介
ジャンル : 本・雑誌

蔵書のホコリ

今月は買取希望が重なり見積などで忙しくしています。ご送付いただいた本をペラペラ見ていると
つい読み入ってしまう本もあります。また戦前の本でも美本に出会うととてもうれしくなってしまいます。でもなによりきれいに手入れされた本が届くと、送り手の本への愛情が感じられとてもうれしいものです。

逆にちょっと、と思うのは「ホコリ」。実は本の天、上の部分はとてもホコリがたまりやすいところです。
ご送付いただきますと、私はまず天のホコリを確認します。
ご存知ないのでしょうが永年本棚に入れたままだと「天」に綿ボコリがしっかり溜まっています。
なかなかそこまでは掃除の手がはいらないのでしょう。
大事な本ですから時々手にとりハタキなどでホコリを落とされると良いと思います。
愛書家のかたはぜひご確認ください。

ということで、またこのコーナーでご送付いただいた古本の「これは」というものをご紹介できればと
思います。





Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: