最近の釣り

最近は若狭に通っている。
海がきれいなのが一番。音海の防波堤や、先日は舞鶴から冠島へ鯛を目指したが、いずれも惨敗。

反省としては音海のような、大きくて底の深い防波堤(外海に面するほうは約30m)は、サビキ釣はカゴは船釣り仕様のロケットとよばれるものや金網のものがよいのかな、小さなカゴだとすぐにコマセは散ってなくなりそうな気がする。浮釣りは、浮を立たせるまで時間がかかるし、まわりは投げサビキか、先端でルアーを投げる人が多かった。冠島は、というか船釣りは棚を正確に取れるかに限るように思う。そのためのリールなどしっかりした道具がほしいな。エサカゴも、オキアミの大きさによって使い分けないとなかなかいい具合に流れていかない。

まあ、のんびり派としては、浅い防波堤で渓流竿のみゃく釣りか浮きつりで、飽きたら竿立てに立てたまま昼寝とういのが望みです。

ひるがの高原

先日は岐阜のひるがの高原の知人の山荘に泊まってきました。2000軒はあるという別荘地の一角です。坂の多い山あいに立っているので雪など降ると車は大変、といった所です。

しかし別荘自体は◎。ひのきの板張りの床、囲炉裏、シンプルな家具、天井までの開放感のある吹き抜けなど、ホテルの内装デザインを手掛けるという知人の感性がすばらしいと思いました。「そうじろう」という、いると煩くいないと寂しいといった犬も同宿でした。

久しぶりに古本もパソコンからも開放されたリラックスな小旅行でした。

ひるがの

ひるがの高原から白山方面を望む

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: