大阪南港

朝、目が覚めると意外と天気が良いうえに古本屋は本日は開店休業状態、となれば大阪南港に、最近ハマッている「ヘチ釣り」に出かけた。

関西は京都に生息して釣りのフィールドは若狭が主だが、この時期から来春までは大阪湾の防波堤に今年からは浮気しようと思っている。朝寝しても行けるからだ。

で、名神から阪神高速を抜けて住之江ランプから倉庫街を抜けて南港つり公園に到着したが「本日は強風波浪警報のため閉園」だって。

結局、大和川を眺めて帰ってきた。未だにヘチでは釣果ゼロ、ハアーアー。今年は天気予報は○なのに現地に着くと雨や風のことが多い。でもめげずにまた来よう。尼崎魚釣り公園も行ってみたいものだ。

日高

立松和平の「日高」
先日お買い求めのお客様より、受領のメールとメッセージを
いただいた。
北海道の旅先で日高で6人の遭難者のことを聞き
捜していた、とのこと。

私はこのメッセージを見て、はじめて「日高」のバックボーンを
知った次第。署名や表紙が「山」に関するものであっても、必ずしも
山の小説やエッセイとは限らない。といってすべての本を
読むわけにもいかず、ページをめくり欠落やシミ、書込みをチェック
しながら内容もサラっと確認するだけだ。

まあ、このようにして、ありがたくお客様に教えていただくことも
多々あります。
Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: