駅前の本屋さん

久しぶりに駅前の新刊書店に出かけたが、お店がなくなっていた。
以前この駅前には2店舗あったがひとつは薬のチェーン店に。そして今日のお店は賃貸不動産のチェーン店に変わっていた。そういえばこのお店、一年くらい前の棚の入れ替えをしていたな。そのころから左前だたのかな?駅前には新刊書店はなくなりコミック専門の古本屋が一軒できている。本好きとしてはちょっと寂しいかぎりである。

せどり日記①

1号線のとある大型チェーン店(全国チェーンではない)

山小舎を造ろうよ(西丸震哉)
日本の秘湯(日本秘湯を守る会)
ひとり旅は楽し(池内紀)
ゴーゴー・インド(蔵前仁一)
7つの国境(増井和子)
以上5冊しめて800円。山の本は残念ながらなかったが、「ゴーゴーインド」ペラペラめくるだけでもとてもおもしろそうだ。ラッキーだったのは「山小舎を造ろうよ」本来550円のところ100円でカウントしてくれたこと。好意や特典ではなくキャッシャーの間違い。前にもあるが値札のない本をうっかり100円コーナーの本と勘違いするようだ。ありがたく好意?をうけることにした。
しばらく読破して目録に載せようと思う。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

近江富士

今日は天気もよさそうなので、数日前から武奈が岳を考えていましたが、目が覚めるとちょっと宿酔い、雲も多そうで急遽、安近短軟弱路線に変更し、三上山、通称近江富士に行ってきました。いわゆる滋賀県版ご当地富士という山です。往復2時間でいけるのでトレーニングというか運動不足解消にもってこいです。一箇所、手摺のある岩肌の10mほどの部分があるのですが、下山時すべってザックごと尻餅をつきました。変な音がしたのでザックの中のカメラを確認すると、レンズフードが割れていました。なんとかそれだけで済んだみたいですが、標高が低いということでタカをくくっていたのかもしれません。
帰りは十二坊温泉で汗を流しました。
写真アップしました。
http://www.nanjyaku.com/yama23.html
Facebookページ


山に行こう 本を読もう
プロフィール
  • Author:中山幹彦
  • 雨の日は山の本。
    山は逃げないから、
    ウィスキーでも舐めながら、山の本を読もう。

    山の古本屋 軟弱古書店
最近の記事
思わず手にとってみたい一冊
カテゴリー
関連HP、ブログ、メルマガ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: